2024年03月15日

ライブ終了

昨日のライブはお客さんの入りは良くなかったが、自分としては良くできたと思う。
やる前は、なんだか落ち着かずそわそわした感じだった。でも歌い始めたら落ち着いた。
そんなもんなのだ。歌う前の方が緊張する。

本番前に飲み物を買いに近くのコンビニ行った。
いつも支払いは電子マネーなので、スマホで決済しようとしたら何故か使えず焦った。
非常用にと免許証に1万円札をたたんで入れておいたので、それで無事支払うことが出来た。
おつりの5千円札1枚と1000円札4枚と小銭をGパンの左前ポケットに突っ込んでおいた。

暫くしてGパンのポケットを確認したら、お金がない!
あるのは小銭だけ。
ヤバい落としたか・・・。
念のためコンビニ行って店員の方に事情を話したが、お金の落し物は届いていないとの事。
仕方がない、自分の雑なところが出てしまった。
落ち込む・・。

岡崎さんが歌い終えて自分の番だ。
気持ちを切り替えてライブに望んだ。
そしたら、なんとステージの後ろの隅にそのたたんだお金が落ちているではないか!あったー!
始まる前にコードやピックなどを後の椅子にセッティングしておいたのだが、ピックを取り出した時に恐らく一床に落としたのだろう。
そうだGパンの同じポケットにはピックを入れておいたのだ。
良かった・・。
もし見つからなかったら、ギャラをもらってもマイナスだった。

落ちがある。
何とGパンの右後ろポケットには財布を入れておいたのに、全く気付いていない。
普段財布は持ち歩かないので、そんなものなのかもしれないがやはり昨日はどこかおかしかった。

岡崎さんは、シティポップ専門でアアコギ一本のスタイルだった。
ただ、歌う時にマイクから結構離れるスタイル?なので、ギターの方が音が大きくて全体としてバランスが悪かった。
せっかくの渋い声が残念。

いずれにしても終わってみたら安堵に包まれた。
結果オーライとしよう。
posted by kuro2kun at 17:58| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月18日

ソロライブ

ソロライブの告知です。

岡崎行雄さんという達郎さんのカバーをしているミュージシャンと共演です。
12月の八木山合奏団50周年コンサートにお越しいただいた方々も是非おいで下さい。
AcousticLive240314.pdf
posted by kuro2kun at 11:01| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月30日

誰からだろう・・

先週アマゾンから、送り主不明の品物が届いた。
なりすましなどのいたずらかと思って自分の履歴を見てみたが、頼んだ形跡はない。

品物は日本酒だ。
いったい誰からだろう・・。
念のためアマゾンに問い合わせ中だ。
もしプレゼントで送ってくれたのなら有り難く頂こう。

明日で1月も終わりか。
はやいなあ・・。
posted by kuro2kun at 18:41| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月13日

八木山合奏団50周年コンサートの記事が河北新報朝刊に掲載

昨日1/12の河北新報朝刊に昨年12/20に行われた、八木山合奏団50周年コンサートの記事が掲載されましたので紹介します。
娯楽面のトップに掲載されました。
河北新報さんに感謝申し上げます。

HPにも掲載したのだが、何度アップしても記事ファイル(JPG)が出ないので諦めた。

20240112合奏団記事.jpg

出典:2024/1/12河北新報朝刊娯楽面
posted by kuro2kun at 11:48| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月21日

八木山合奏団結成50周年コンサート終了

コンサートは、当日券も出せないほどの完売状態。
昨日のこの時間は、ちょうどコンサートを終えたころだ。
メンバーそれぞれ多少の無念さは?はあったにしてもみな満足した顔つきだった。
成功か否かはおのずとわかる。
そう、大成功だった。
音楽っていいなあ、バンドっていいなあ、仲間っていいなあ、そして満席ってありがたいなということを身にしみて感じた。

音を楽しむ。それが音楽だ。
昨夜はまさしく楽しんだ。
20231220live.jpg


ギターを弾いていて、悦に入る時があったし、ハモっていていいバイブレーションを感じることが多かった。
メンバー4人の気持ちが一つになっていたと思う。
やはりお客さんあってのライブなのだ。
相乗作用だ。

まだ余韻に浸っていたいところだが、もっと活動してほしいという声を多数いただいた。
20年ぶりなどと言わずに、今度はもっともっと沢山ライブをしてくれと。
メンバーもそう思っているはずだ。

僕らのバンドの歌詞の多くを書いてくれた元メンバー故高橋勝美さんも、きっと天国でニコニコしているに違いない。

皆さんありがとう!!
メンバー有難う!!
スタッフの皆さんありがとう!!
家族のみんな有難う!!
そして勝美さん、ありがとね!!

なぜか?岩手の宿より




posted by kuro2kun at 20:57| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月01日

八木山合奏団結成50周年記念コンサート開催のお知らせ

ちょっと告知が遅れた感があるが、僕の音楽活動の母体でもある八木山合奏団のコンサートが12/20に開催されることになった。
前回のコンサートが平成16年(2004年)11月だから、ほぼ20年ぶりだ。
その間バンド活動は一切していないので、自然消滅したと思われても仕方がない。
しかし解散はしていない不思議なバンドだ。
ソロで活動をしていると、よく「元八木山合奏団の・・」という前セリフで紹介されることが多い。

結成当時リーダー的存在だった高橋勝美さんが、残念ながら3年前に他界したため本当はすぐにでも追悼コンサートをしたかったのだが、コロナ禍だったので断念せざるを得なかった。
ようやくコロナ禍が明けて「コンサートをやろう!」という機運がメンバーから出始め、追悼は外して「八木山合奏団結成50周年記念コンサート」というタイトルに決めた。

コンサートに向けてのメンバー間での情報やりとりはラインでしている。昔なら電話か喫茶店に集まってだっただろう。
あの頃とは時代が大きく変わった。

時間に都合の取れるメンバーで何度か練習をしている。
当初は、20年間のブランクはそう簡単に埋められそうにないかもと思っていたが、実際に音を出すと「お?これは大丈夫そうだな」と感じた。
新曲などは出来ないが、結成当時から最終アルバムまでの間の曲をメインに演奏するつもりだ。
乞うご期待!!

詳細は下記の通りです。

日時:2023年12月20日(水)
開場:18時 開演:18時30分
会場:誰も知らない劇場(仙台市青葉区中央2-5-10桜井薬局ビル3F)
出演:八木山合奏団
料金:全席自由 前売券4,000円 当日券4,500円
(別途1ドリンク代600円必要)
お問合せ:022-225-3539(オフィスQ)
プレイガイド:仙台三越、藤崎、チケットぴあ
20231101八木山合奏団コンサート.pdf

posted by kuro2kun at 16:12| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月22日

ラッキー、ジャズフェス出演決定!

なんと、ジャズフェス本部から出演依頼が来た。
なんでも、出演辞退者が出たということで繰り上げ出場らしい。
ラッキーなこともあるものだなあ。

場所も申し分なし。
よーし、いいライブにしようじゃないか!

日時・時間・会場は下記のとおりです。
・20023年9月10日(日曜日)
・17:00〜17:30
・三越デパート前

ご来場をお待ちしてます!!

posted by kuro2kun at 16:33| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月17日

残念

残念ながら、今年のジャズフェスに落選した。

去年と同様フルートの水野さんとエントリーしたのだが、気に入られなかったようだ。
原因は、2022年エントリーと同じ動画を使ったせいかもしれない。
無精してしまった。
タイトルに「2022年ジャズフェスエントリー用」と大きく書いてある。
なめてるのか?と思われても仕方がない。
まあ結果が全て、その分他のミュージシャンが演奏できるのだから良しとしよう。

先週北海道に家族で旅行してきた。
行き帰りはフェリーで、上陸後の移動はすべてマイカーだった。手荷物が無いし、お土産の荷物も気にならないので楽ちんだった。

北海道は4、5回行っているが、いつ見ても景色の雄大さには圧倒される。全てAクラス。
釧路湿原は、人家、構造物がなく広い平原は大陸的だった。青い空に白い雲は、Windowsの壁紙を連想した。
知床半島はさすが世界遺産、船から見る断崖絶壁の連続と知床連山は素晴らしかった。ヒグマが見えたが、とても小さかった。子熊か。
イルカがすいすいと船の周りに顔を出し、なかなか見ることが出来ない光景だった。

船で2泊したことになるが、フェリーの旅はゆったりとしていて嫌いではない。
それにしてもあっという間の一週間だった。

仙台に降り立ったら、ムーっとする暑さ。
何だこの連日の暑さは!
前とは違うようだ。
posted by kuro2kun at 17:17| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月07日

連休も終わり

連休も今日で終わりか。
朝から冷たい雨が降っている。
肌寒い一日だった。

コロナも明日から第5類となり、インフルエンザと同様の扱いとなる。
恒例だった毎日の感染者発表もなくなる。
静かにだが日常に向かっている。
とはいってもコロナが完全になくなるわけではなく、形を変えながら普通の風邪として続くのだろう。

思えば長い3年間だった。
コロナ発生当初は、腫物にさわるような感じで、緊急事態宣言後には一時市内に人通りがなくなった。
感染防止のため人が集まるのは全てダメということで、飲食、イベント、旅行、映画・スポーツ観戦などなど軒並み出来なくなってしまった。
僕のライブ活動も完全にストップした。
県外への移動ははばかられ、閉塞感だらけだった。
マスク、消毒液、液体せっけんなどが品薄となり、一時高騰した。
嬉しくない体験だった。

しかし明日からは、元通りとはいかないまでも、平常に近い状態に近づいてゆくはずだ。
現に、連休中はもうどこも人・人でコロナ前と変わらぬほど混雑していた。
コロナを怖がっていない証拠だろう。

生きていると様々な現象に出会う。
コロナといい3.11といい、強烈だった。
そう、ロシアのウクライナ侵攻も。
やはり平穏な日常というものは、大変に有り難いものだ・・。
平凡〜平凡♪
posted by kuro2kun at 18:14| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月17日

ChatGPT

最近巷で噂のChatGPTだが、気になるので先ほどアカウントを作って質問してみた。
早速「定禅寺ストリートジャズフェスティバルとは」を質問してみた。
以下が答えだ。

「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」とは、毎年東京都台東区で開催される、無料の野外音楽イベントです。主催は「定禅寺ジャズフェスティバル実行委員会」で、東京メトロ銀座線「稲荷町駅」周辺の定禅寺通りや雷門前など、複数のステージでジャズミュージシャンたちが演奏を披露します。
定禅寺ストリートジャズフェスティバルは、1985年に始まった日本最初の野外ジャズフェスティバルとして知られており、毎年多くの音楽ファンや観光客が訪れます。出演アーティストはジャズを中心に、ブルースやラテン音楽、フュージョンなど、幅広いジャンルのミュージシャンが出演することもあります。
また、定禅寺ストリートジャズフェスティバルでは、フードブースや手作り雑貨などのブースも出店され、音楽だけでなくグルメやショッピングも楽しめます。特に、地元の台東区の飲食店が出店する「ジャズdeごはん」は、人気のイベントの一つとなっています。

以上が人工AIのが答えだ。
発祥の地は仙台だし、開始は1991年だから明らかに間違っている。でも、全体を通して読むと当たらずとも遠からずといったころか。
しかしながら、一瞬にして答えを出すのが恐ろしい。

ChatGPTの功罪はいろいろと言われているが、今まで経験したことのない新たな未来が始まるのは間違いないと感じた。
国によっては、いろいろと調べられては困るということがあるだろうから、当然規制されるだろうな。
今後が気になるところだが、人を幸せにしてくれる道具であってほしいものだ。

さて、その「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」だが、今年も開催が決まり今バンド募集中だ。
昨年同様、フルートの水野さんとエントリーすることが決まった。
結果は7月上旬に分かる。
大丈夫だとは思うが、ステージ数が20と少ないのでどうなるか?
posted by kuro2kun at 17:48| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする