2015年07月12日

ツアー終了

尾形さんツアーは、北海道岩見沢を最後に無事終了した。

しかし今回予定していた山梨と東京は、急きょ僕は不参加となった。というのは尾形さんはあくまでゲストという立場であり、ほんの数曲しか歌えないのでわざわざ仙台からギターをさげて来ていただかなくても・・・という連絡を受けた。一瞬拍子抜けしたが、重いギターとキャリーケースを持っての6泊7日の行程、それに仕事のことを考えるとちょっと長いな・・と正直思っていたので迷わずOKした。

岩見沢はp.mスタジオという地元の貸しスタジオだった(写真は関係なし、来てくれたお客さんのログハウス)。ゲストのDeux Marchesのお二人と演奏する機会も得て、なかなか緊張感のある、なおかつ楽しいライブだった。バイオリンの牧さんとは何度かご一緒しているが、とても気さくな方で安心感がある。尾形さんの歌も安定感があり、声も出ていた。
15.7.8iwamizawa.JPG
iwamizawa_log.JPG

尾形さんのバッキングでは、必ずピアノが入るしカバーもやるので譜面は必須だ。
僕は生演奏での音符の初見はダメなのだが、それ以外はまあ読めるので何とかなってきた。とはいっても一瞬油断すると、あれっ?みんなと合わない・・・いまどこ?なんてことになる。
ソロライブとは全く違った緊張感があるのは、これのせいだ。

初見は、若い時から繰り返し練習してそこに実践経験を積んで初めてものになる。ピアノの人は、ほとんどが小さいころから訓練を受けているので読める。だが、オリジナルの弾き語りやアマチュアバンド出身の人は決まって譜面、特にギターは初見ができない人が圧倒的に多い。
でも譜面の存在しない音楽があるのも事実。譜面は共通認識のツールだ。

スタジオミュージシャンやバッキングを目指すなら初見は必須だ。譜面は読めるに越したことがない。
でも僕は今さらそんな気はさらさらないので、今まで通りオリジナル中心でやっていくつもりだ。そしてそれにあぐらをかかずアンテナをめぐらし、いい音楽をみんなに聞いてもらいたいと思っている。
バッキングは楽しい面も大いにあるのだが、僕には物足りない。

来るものは拒まず去る者は追わずの主義なので、また頼まれたらやるつもりだ。もちろんR&Kも楽しいのでこれはこれでやっていきたい。
毎回思うが、人と交わると必ず得るものがある。

先日ジャズフェスのエントリーOKの通知が来ていた。さて演奏場所と時間が気になる。
ま、どこでもいいか(笑)。



posted by kuro2kun at 17:24| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする