2018年10月13日

自分にとっての音楽

今日、ポールマッカートニーの新作「EGYPT STATION」を買って、早速聞いた。
ボーナストラック2曲付で、合計18曲も入っている。

彼の音楽性というものがにじんでくる。
ポールという色、音がしっかりとある。
全体を通して元気、そうロックンロールを感じた。
70歳をとっくに越しているのに、ずっと音楽を追い求めている。

さて、自分にとっての音楽とはなんだろう?
ポールと比較するなんて荒唐無稽だが、ソロをやっていて最近つくづく思うことだ。

ライブではオリジナルをやっているわけだが、全曲とはいかない。
場所によっては、カバーが半分以上の時もある。

人にウケることと自分のやりたいことは、必ずしも一致しない。
ウケ狙いに重みを置き、みんなの知っている曲ばかりをするのは、本意ではない。

やはり、自分がやりたい曲をまずはやる。
それからTPOを考えたて曲を組みたてる。

あれ?今までと変わらないじゃないか笑。

いや違う。
やりたいという曲(音楽)の追及が最近足りないのだ。
それは別にオリジナルでもカバーでも構わない。
posted by kuro2kun at 19:20| 宮城 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする