2006年03月12日

連作障害

農業や野菜作りをしている人は知っていると思うが、僕は知らなかった。

要は、野菜を作るとき、たとえばある畑でトマトを作ったら、翌年同じ畑に
トマトを作っても、よく実らないということらしい。
トマトはナス科だから、ナス科は皆ダメ。
別種類の葉っぱ物とかだとうまくいくという。

翌年畑に何も植えないで休ませるというなら分かるが、別なものを植えると実がつくというのだ。
養分の関係なのかもしれないが・・。

全然知らなかった。
女房にそのことを話したら知っていた!
彼女の実家は、以前農業をしていて、お母さんは今でも趣味で野菜作りをしている。
連作障害は、自分としては、15ヘーッ位やれる。

この連作障害は、今読んでいる曽野綾子の「善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか」という新刊に書いてあったことだ。

自然界では当たり前なこの連作障害、人間社会でも当てはまると書いてあった。
同じところにじっといると風通しが悪くなるということらしい。
なるほど、僕も同感だ。
冒険しろというか、いつも同じ思考ではダメだよといっているかのように思える。
posted by kuro2kun at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック