2006年06月24日

Wカップで感じたこと

Wカップ、日本は残念ながら一次予選敗退という結果となった。

このことに関しては、各方面で今後の日本代表のありかたも含めて意見が出揃った感がある・・・。

以前にも似たようなことを書いたが、サッカー日本代表に今の日本国の「自信」というものを多くの国民が重ね合わせたように見えた。
そう「期待」したのだ。
世界に対して、日本代表の面々が何とかしてくれるかもしれないと思ったのだ。
でも、現実はそうは行かなかった。
技術、体力、精神を含めてタフなものが勝利を掴む。日本にはまだそれが欧米や南米に比べると劣っている。
誰が見たって分かることだ。

しっかり現実を見ないといけないということを多くの人は今回理解したはずだ。奇跡はそう起きないし、結果論は不要だと思う。

日本には、今どこかに閉塞感があるのだろう。だから期待する。そしてヒーローの登場を願うのだ。

日本人全員ではないにしても、多くの人はW杯にかき回された。
僕もその一人だが・・・。

しかし、「現実」というものは恐ろしいほどに「現実」だ。嘘がない。
受け止めなければならない。

posted by kuro2kun at 22:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歴史、そして現場

もうひとつ見逃してはならないのが歴史です。野球選手だって体格で劣る。では、なぜ勝てたか。
それは、今の野球選手が生まれる前から王・長島など世界レベルの選手がいたからです。物心ついたときから、その技術、体力、精神レベルをスタート地点にできるのです。これは、欧州・南米のサッカー選手とて同じことです。

翻って日本サッカーはどうでしょう。今の代表選手だって、中学時代に、「サッカーがプロ化されるんだって」ときいて、世界にはだれがいるの?
この差はとてつもなく大きく、ITもなかったから映像もなく、もちろん彼らを"肌”で”現場”で感じることなど。。。

黒津さんがビートルズに憧れ、”本格的(三浦節)”に音楽をつくり、娘さんに伝えたこと、これはジーコに憧れロナウド、ロナウジーニョが出てきたのと似ています。

砂防はどうでしょう。”世に問う”ということをしていないので、歴史があるようでないのではないでしょうか。
Posted by 下河 at 2006年06月25日 14:42
歴史。
確かにそのとおりですね。
世界に出て行くということは、そうそう容易なことではありません。
時間がかかるということでしょうか。

砂防ですか、とうとう来ましたね(笑)。

お役所の仕事という側面が強すぎて、ある決まったコンサルの独壇場が続きました。まったく狭い世界でしたね。

単語としての「SABO」は一人歩きしても、例として仙台の街を歩く人に「砂防についての感想を聞かせてください」と聞いても、「はあ?」という人が殆どでしょう。

砂防が世に問うというのは、これからのことでしょうかねえ。

山間地に住む人は感心があるにしても、平野部に住む人にとっては関心が出てこないでしょう。
その性格上、いたし方のないことかも。

これは突っ込むと、深い話のようです・・。
何だか学会の別のテーマにもなりそうです。社会資本という考えも含めて・・・。

今、Beatlesのアルバム「A Hard Day's Night」を聞きながら書いてます。
若さ、勢いがありますね!

今日はこれからライブなので、これを聞いて元気をつけています。
「Any Time at All」、カッコいいなあ!! 
Posted by kuro2 at 2006年06月25日 16:55
<SABO>
スポーツの雰囲気で現場to現場。
本格的です。

沢をよろしくお願いします。

Posted by tagosin at 2006年06月26日 22:22
<SABO>
スポーツの雰囲気で現場to現場。
本格的です。

沢をよろしくお願いします。




Posted by 大阪からコメント(tagosin) at 2006年06月26日 22:22
tagosinさん

ご無沙汰してます!

やはり現場to現場ですか。
あの頃のハードな現場が懐かしく思えて来ます。
どうやら答えは現場にあるようですね(笑)。

いつかまた現場、お手合わせ願います!
えっ?マシーンで沢登り?
そっちかあ・・・。
ひぃー。
Posted by kuro2 at 2006年06月26日 23:09
tagosinさん

このペンネームどういう意味でしょう
バイクの名前かなにかですか?

この内容でだれか一発でわかるのは
世界で2人だけです。
Posted by 下河 at 2006年06月27日 20:10
下河様

ペンネームの意味ですが、
住んでいた場所(tago)と名前(sin)の
組み合わせなのです。


Posted by tagosin at 2006年06月29日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック