2006年06月27日

遊び場

昨日の夕方、近所の公園を通ったら、公園内でいつもよりたくさんの少年たちが所狭しと野球やサッカーをしていた。

元気な姿に、「そうだよなあ、子供はこうあるべきだよな」と思った。

公園ではボールを投げるな、野球はするな、サッカーはするなと色々と規制がある。
学校の校庭だって、そうそう自由に使えない。

自分の住む周辺には今は空地なんてほとんどないし、子供の自由な時間を外で過ごすとなるとやはり公園くらいしかないのだろう。
危ないとはわかっていても、道路で遊んでいる子供を見かけることも多い。

社会状況は自分が子供の頃とはだいぶ変わったし、当時と同列では語れないが、自由に外を駆け回れるスペースは絶対必要だと思う。

ひいては、それがサッカー少年が増える環境の第一歩なのかもしれない。

でも本当に好きな子というのは、道路でもどこでも遊ぶんだよなあ。
posted by kuro2kun at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック