2013年01月23日

ガッンときた

夕べは「告井延隆 ギター1本でビートルズ」のライブに行ってきた。

告井さんは、センチメンタルシティロマンスのリーダーだ。
そのセンスと腕前は秀でている。
バンドのほかに加藤登紀子さんのバッキングも昔からやっている。
音楽を通して、一応昔からの顔見知りではある。
最近はソロが多いという。

アコギ1本でビートルズをやっているというのは知っていたが、今回この眼で確かめてきた。
「圧巻」だった。
アコギ1本なのに頭でビートルズが鳴っている。
これほど凄いとは・・完璧だった。
僕がリクエストしたDay Tripper、When I'm 64などちゃんと答えれた。
本物。

歌はなくても、人の心はつかめるんだなあ。
と言っても個人的には彼の歌を聞きたかった、でも歌わなかった。
あとでそれを尋ねたら、「リクエストがあれば歌ったんだけどね」とあっさり。
ひょうきんでもある。

お店は昔から知り合いの佐々木孝夫さんの「Jazzn Me Blues noLa」。
ちょっとお洒落で、音の良い空間だった。

流れで打ち上げに参加したが、告井さん、孝夫さん夫妻、僕ら夫婦、それとセンチの昔からのファンの
菅原さんだけだった。
おでんを囲んで色々と濃い話を聞かせてもらった。

ビートルズはやはり素晴らしい、そして音楽はとっても素晴らしい!ということを改めて思った。
またまたD-28弾き始めた。
「In my life」
キーがAだとやりやすいということを教わった。
確かに。
Gじゃないんだ。

 





posted by kuro2kun at 21:56| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック