2015年07月12日

ツアー終了

尾形さんツアーは、北海道岩見沢を最後に無事終了した。

しかし今回予定していた山梨と東京は、急きょ僕は不参加となった。というのは尾形さんはあくまでゲストという立場であり、ほんの数曲しか歌えないのでわざわざ仙台からギターをさげて来ていただかなくても・・・という連絡を受けた。一瞬拍子抜けしたが、重いギターとキャリーケースを持っての6泊7日の行程、それに仕事のことを考えるとちょっと長いな・・と正直思っていたので迷わずOKした。

岩見沢はp.mスタジオという地元の貸しスタジオだった(写真は関係なし、来てくれたお客さんのログハウス)。ゲストのDeux Marchesのお二人と演奏する機会も得て、なかなか緊張感のある、なおかつ楽しいライブだった。バイオリンの牧さんとは何度かご一緒しているが、とても気さくな方で安心感がある。尾形さんの歌も安定感があり、声も出ていた。
15.7.8iwamizawa.JPG
iwamizawa_log.JPG

尾形さんのバッキングでは、必ずピアノが入るしカバーもやるので譜面は必須だ。
僕は生演奏での音符の初見はダメなのだが、それ以外はまあ読めるので何とかなってきた。とはいっても一瞬油断すると、あれっ?みんなと合わない・・・いまどこ?なんてことになる。
ソロライブとは全く違った緊張感があるのは、これのせいだ。

初見は、若い時から繰り返し練習してそこに実践経験を積んで初めてものになる。ピアノの人は、ほとんどが小さいころから訓練を受けているので読める。だが、オリジナルの弾き語りやアマチュアバンド出身の人は決まって譜面、特にギターは初見ができない人が圧倒的に多い。
でも譜面の存在しない音楽があるのも事実。譜面は共通認識のツールだ。

スタジオミュージシャンやバッキングを目指すなら初見は必須だ。譜面は読めるに越したことがない。
でも僕は今さらそんな気はさらさらないので、今まで通りオリジナル中心でやっていくつもりだ。そしてそれにあぐらをかかずアンテナをめぐらし、いい音楽をみんなに聞いてもらいたいと思っている。
バッキングは楽しい面も大いにあるのだが、僕には物足りない。

来るものは拒まず去る者は追わずの主義なので、また頼まれたらやるつもりだ。もちろんR&Kも楽しいのでこれはこれでやっていきたい。
毎回思うが、人と交わると必ず得るものがある。

先日ジャズフェスのエントリーOKの通知が来ていた。さて演奏場所と時間が気になる。
ま、どこでもいいか(笑)。



posted by kuro2kun at 17:24| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長丁場のLiveツアー、お疲れ様でした。山梨と東京のLive不参加された様ですが、演奏曲目が少ない事も理由に挙げられていますが、恐らく尾形さんも貴兄の体調とお仕事=生活の糧の事を多少気になされていた事からの特段のご配慮かと思われます。若い時ならまだ許されますが、やはり家族を抱えていると生活も掛かってきますからね。貴兄のそんな心に秘めていた思いが、尾形さんに以心伝心と云った形で伝わったのだと思います。
でも中々良いLiveで良かったですね。
それと『JSF in SENDAI』ご出場決定、おめでとうございます。後は、演奏場所ですね。今年も単独でのENTRYでしょうか?先ずは、JSF開催まで十分に休息を摂られて下さい。熱中症にならぬ様にお過ごし下さい。(^-^)/
Posted by 車掌DJ at 2015年07月12日 19:10
車掌DJさん

今晩は。

思うのですが、ライブは祭りに似ています。
やる前はまだ起こっていないことに思いを巡らせ、ハラハラドキドキ。でも、いざ始れば気分が高揚し、終われば達成感があります。
しかし、なぜかぽっかり心に穴が開くような感覚に陥ることもあります。
気分の落ち込むライブもありますが(笑)。

JSFはソロです。

連日熱い日が続いてます。
冷夏ではなさそうですね。

誰でも体が資本です。
体には気を付けましょう!
Posted by kuro2 at 2015年07月14日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック