2016年03月11日

3.11

あの大震災から今日で5年が過ぎた。
まだ昨日のことのようだ。

地を這うような地鳴、今まで経験したことのないような激しい揺れ、そして言葉を失った大津波、おさまらない余震。
さらに悪夢の福島原発事故。

この先どうなるんだろう・・・。
多くの人はきっとそう思ったに違いない。

いまだに約17万人が避難生活をしている。
僕の住む仙台は、地震の爪痕を探すのは難しい。
でも海岸に行けば、まだまだあちこち工事中で、砂煙を上げたトラックが行き交う。
復興はまだまだだ。

今回の大地震は、1000年に一度クラスの巨大地震というが、2000年に一度クラスの巨大地震だって来るかもしれない。
自然は人間の想像をはるかに超えた領域にいる。

今の生活は、本当に奇跡の中にあるのかもしれない。
人間の作ったものなど、自然にとってはゴミみたいなものだ。

この偶然にして、今地球上で平和に暮らせていることに心から感謝して生きるしかない。
この瞬間瞬間、奇跡なんだな・・・。

でも油断すると、つい日々の生活に埋もれてしまう。
そう、弱いんです。
posted by kuro2kun at 19:34| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おばんです。あの日からもう5年が経過ですね。
何か時間だけが虚しく過ぎ去って行くだけです。
復興も道半ばとは言うものの、依然として避難生活を余儀なくされている方達が多いですね。果たして出口が見えるのか正直分かりません。正に長い長い闘いかも知れません。何時の日かこの苦難を乗り越える日が来るまで、一歩ずつ前進する事を天からの啓示されているというか、試されているのかも知れませんね。お互いにその日が一日も早く成し遂げられる様に頑張りましょう。
Posted by JG7MER / Ackee at 2016年03月11日 22:13
おはようございます。
今朝はいい天気ですが、空気が冷たいです!
でも日差しに強さを感じます。
3月も1/3が過ぎました。

復興とはよく言いますが、海岸部はまだまだ時間がかかるでしょうし、何より人が戻ってこないと始まりません。
もともと過疎の地域も多いですから、難しい問題ですよね。
せめてあと10年は、大きな災害が起きてほしくないです。

今回の経験を次回の災害時の経験にぜひ生かしてほしいものです。

原発は廃炉が希望ですが、何やら怪しい思いです。
確率として、万が一って起こるんですよね。
Posted by kuro2 at 2016年03月12日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック