2016年03月22日

原発再稼働

この頃良く聞く言葉だ。
僕としては、あまり嬉しくない。

福島第一原発事故を身近に感じる宮城県人としては、電力は早いうちに自然エネルギーによる発電に移行して欲しいと強く思う。

しかし現実として、原発を廃炉にすると、電力会社は原発は資産計上ではなく、負債になるという。またその電力会社の株を保険会社や銀行などの大手企業が有しているので、その株の価値が下がれば不況になる恐れがあるという。また廃炉には莫大な費用がかかるし、原発関連で食べている人の雇用問題もある。

一筋縄ではいかない問題だ。
だったらこうしようという対案が必要だ。

ふむ、重いな。
でも、貧乏になってもいいから、安心な社会がいいなあ。

冷温停止にしたとしても、ウランなどの核燃料は依然原発内に存在しているわけで、テロ、自然災害も今後大いにあり得ることを考えると「何という現実だろう・・・」と思わざるを得ない。

これが世界各国でもあまり変わらないという事実。
とても安全とは言えない。

気がづいたとき、あれ?ここはどこ?天国!?
なんてことにならないといいのだが。

みんなして薄氷の上に住んでいる・・・。
posted by kuro2kun at 19:56| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん。(-"-;A
この問題は中々難しいですよねぇ。(-""-;)
先般の大震災の津波の所為による放射能漏れ。
これ考えたら、ホントに廃炉が一番です。
代替エネルギーが必要なのは、皆そう思っている筈ですが、中々一筋縄では行きませんねぇ。
仮に廃炉よっての雇用問題とか地域の問題も絡んでくるし、廃炉によって人口の流出で過疎化に拍車が掛かって、原発抱えている自治体の財源問題等、政治的な要素も絡んで中々、上手くいきませんねぇ。(-""-;)貴兄が仰る通り、最近テロ活動が活発ですし、標的にされたら溜まったもんじゃありませんからね。ドイツは既に、国是で原発の廃炉決定していますからね。ドイツの事例を色々と検証しながら、見習って脱原発に支障がない導入策、日本でも出来れば良いのでしょうけど…。
電力の自由化も始まりますし、今度は少し消費者側が賢く、電力会社を選別しないといけませんね。まぁ中々難しい問題ですし、口で言えても「実行出来るのか」とか「その代替案で100%大丈夫なのか?」って付き付けられそうですし、我々素人はだしには、難しい問題ですね。(-"-;A
Posted by 車掌DJ at 2016年03月22日 21:11
おはようございます。

おっしゃる通り、本当に難しい問題です。
感情論だけでは済まされませんよねえ・・・。

少し深堀りすると、実にいろいろと絡んできて、素人考えではどうしようもありません。
現実を見据えて、進むしかないのでしょうねえ。

夢のような代物も時代が変わると、重いお荷物になるという事実でしょうか。

最近の人工知能の著しい進歩のニュースを聞くと、
コンピューターによる人類支配もまんざらSFの世界とも言えなくなってきそうです。

技術というやつは、良くも悪くもどんどん進みます。
Posted by kuro2 at 2016年03月23日 06:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック