2016年05月02日

世論調査

先ほどNHKのニュースでRDD方式で世論調査を行った結果云々・・・と言っていた。

RDD方式とは何ぞや?調べてみた。
そうしたら、「RDDとは、一般固定電話に機械がランダムに電話し、そのレスポンスを得て集計する方法」だそうだ。
要は、050、 070、 080、 090の番号は対象外だ。

若者で固定電話を所有している者は、自分の知っている限りだが周りにはいない。
となると、若者の意見はほとんど反映されていないと言っても過言ではないだろう。
年配者の意見が主流だと考えるべきだ。

世論調査の響きは重く聞こえるが、参考意見程度にとどめておいた方が良さそうだ。

新聞各社の押し紙問題もあるし、マスメディアはしっかりして欲しい。
posted by kuro2kun at 19:33| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
RDD調査って固定電話だけですか…。するとIPとか携帯、PHSは対象外なんですね。これじゃあ世論調査もザルに等しいですね。それにしても各新聞社の「押し紙問題」。これ一社だけの問題ではないでしょうね。何かがキッカケで再び取り上げられて問題化したら、それこそマスコミは墓場同然ですね。押し紙によって販売店は営業活動費が減り、部数が減っているにも関わらず、本社は発行部数を減らさないで、販売店に押しつけて押し紙が増えていく。この繰り返しでは、負のスパイアル、悪循環そのままですね。今の若い人新聞読む人少ないですし、ネットでも見られますからね。新聞各社は売り上げ部数も大事かも知れませんが、もうちょっと現実を見据える必要がありますね。改善もしないで万が一、このまま放置して置いて、公正取引委員会から告発されたら、もうアウトでしょう。最悪の事態にならない様に、悪い慣習の膿を吐き出す最後のチャンスかも知れませんね。余談ですが、勧誘の仕方もかなり悪質って昔っから聞いていますね。景品付きで新聞の勧誘するやり方。これも公正取引委員会から×と言われています。
Posted by 車掌DJ at 2016年05月02日 20:27
おはようございます。

世論調査のRDDはホント一言説明が欲しいところですが、触れないんですよねえ(笑)。

でも、新聞各社の世論調査を見ても、かなりバラバラですから、そういう目線で判断すべきものなのでしょう。

押し紙は問題です。これを考えると、結局は企業なんだなあ・・と思ってしまいます。
景品ですが、自分の購読している地元紙はかわいいもんです。それと比べて、大手の中にはすさまじいものがありましたよ(笑)。
確かに、公正取引委員会に目をつけられてもおかしくない新聞社もありますね。
困ったものですが、数年前からは大人しくなったように感じます。

今日は憲法記念日ですね。
改正については賛否両論がありますが、自分は時代を見据えて変えるべきは変えて、守るべきは守るという考え方です。
ただし、平和主義だし戦争は反対です。

話は硬いですが、いずれ避けては通れませんね。
Posted by kuro2 at 2016年05月03日 07:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック