2021年02月18日

春よ来い

今年は寒い。

朝起きると、うっすらとだが雪が積もっている日が多い。
去年はこんなには降らなかったと思う。
積雪量は決して多くはないのだが、降る回数が多い。
今日もさらっと降ったし、冷えている。

春が待ち遠しくなってきた。

ワクチン接種も医療関係者からだが、いよいよ始まった。
当初僕は打つ気はなかったが、みんなに迷惑をかけないためにも、今は打とうと思っている。
ワクチン接種が半分以上の人に行き渡れば、いずれコロナ禍は治まるはずだ。 
すぐには以前のような日常には戻らないだろうが、気が付いたら「おっ、以前と同じだな」と思う日が来るだろう。
それまで我慢だ。

4月にお花見ライブが決まった。
だけど感染者数が増えたら中止もありうる。
せいぜい腕を磨いておくか。

posted by kuro2kun at 17:16| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

年明け10日目

2021年も10日目だ。

正月だという感じが年を重ねるごとに薄くなってきている。

昨年末から急に寒くなり、それがずっと続いて晴れてはいるが外は0度だったりする。
最低気温は-7度くらいまで下がる。

今、外出から戻ったが耳が冷たくなった。
雪はほとんど溶けたようたが、日陰の一部にはまだ雪が残っていて圧雪状態のところもある。
歩くのに気を遣う。
今年は寒い・・。

北陸や東北の日本海側は大雪だ。
雪で車が動けなくなったりしている。

関東ではまた緊急事態宣言が発令された。

コロナ、そして寒さでどうも縮こまってしまう。
posted by kuro2kun at 15:40| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

一年、早いなあ

1年の区切り、令和2年も後2日で終わる。
コロナに始まりコロナで終わろうとしている一年だった。

これまでの社会の在り方、生活スタイルが一変した。
なにしろ、密が厳禁。

うーん、何時になったらマスク外してうきうきと歩けるのか・・。
期待のワクチンもまだ不透明な部分がある。
果たして自分に打つ機会があるとしたら打つだろうか?

深く考えてもしょうがないな。

今は十分時間もあるので、歌詞を書いたり、曲を作ったりと好きなことが十分できるはずだ。
でもあまり動いていない。

せめて、少しづつでもブログをまた続けてゆこうか。
posted by kuro2kun at 18:46| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

勝美さんを偲んで

勝美さんが亡くなって、早ひと月が経った。
早いものだ・・・。

思えば、僕が高3の時に仙台の川内にあったミニコミ誌の事務所で知り合ったのが最初だった。今から47年も前になる。
長髪に丸眼鏡、ちょっとレノンを意識したような風貌で、出演バンドというグループを結成して音楽活動をしていた。
250CCのバイクに乗っていて、彼女もいて、なんだかかっこいいなあ!と感じた。

それから彼らの出入りする楽器屋で頻繁に合うようになって、自分もグループを組んで音楽活動を始めた。
それから彼のアパートへ遊びに行ったりして、音楽の話、バイクの話、女の話に花が咲いた。次第に酒を飲んだりするようにもなった。

その頃出演バンドが解散になり、例の楽器屋に後の八木山合奏団のメンバーとなる人間も集まるようになって、僕の音楽の母体である八木山合奏団をみんなで結成した。当然勝美さんがリーダー的存在だった。
でそのあとの話は、僕のHPに詳しく書いてあるので割愛する。

八木山合奏団の詩は、勝美さんのものが多かった。
敏感で感受性が強い人だった。
詩がストレートに響く。

勝美さんと僕はよく、神、宇宙、霊、物の理、原因と結果などを論じた。
彼はこの世は修行の場で、死んでからこそが本当の世界だと言っていた。
釈迦と同じような考えだ。
僕も20年ほど前まではそう信じていが、今は死んだら無で、生きていてこそだと考えている。

勝美さんはバンドの集合時間にはよく遅れてきた。
来ない時もあった。
そうしているうちに鬱病を発症して八木山合奏団を去った。
とにかく明日演奏があるということを考えると、とても憂鬱になったらしい。

でも八木山合奏団がクラウンレコードに移籍してから、また勝美さんの詩に曲をつけるようになり、また付き合いが始まった。
一時は和太鼓奏者になり、高橋快晴と称して演奏活動もしていた。また去年まで地元FMの番組もやっていた。

このところずっと入退院を繰り返していた。コロナ禍もあり最後に会ったのは、入院中の病室だった。3月末だったと思う。
7/16に亡くなったという連絡を奥さんから受けた。

坊さんのいない火葬場で彼の骨を拾った。
彼の遺言だった。
蒸し暑い日だった。

何だか勝美さんが死んだ気が全然しない。
やはりあの世とやらで、生き生きとして暮らしているのかもしれない。
そんな気がしてきた・・。

有難う!バイクとビートルズが大好きだった勝美さん。

posted by kuro2kun at 18:33| 宮城 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

和音

ピアノの練習を入門書を見ながらではあるが始めてから数週間がたつ。

左手と右手の指使いを覚えようとすると、なかなか手ごわい。
YouTubeで小節を小さく区切ってブロックごとにゆっくりと左手、右手とばらして弾いていくと、だんだんと出来るようになるという動画を見つけた。
で、確かにだんだんと出来るようになってきた。
でもサボっていると、元の木阿弥。
少しでもいいから、毎日練習するしかないようだ。

教則本のエクササイズに、左手がファとド、右手はラとミから始まり、低い方へ1音ずつ2分音符で進んでいくという入門編がある。
最後は左手がドとソ、右手はミとシまで、白鍵4つ=4度分の移動だ。
この4音が重なった響きが、何とも美しい。
ギターしかやってこなかった僕には、とても新鮮な響きだった。

ピアノの音色自体も美しいのだが、実はこの和音というものが奥深い。

和音には倍音が含まれていて、それが合わさると、何とも言えない恍惚的な状態になるらしい。
中世・ルネサンス音楽(教会音楽)の権威、皆川達夫さんが以前テレビ番組で言っていたのを見て、なるほどなと思ったことがある。
コーラスをすると、上の方から何かが降りてくるというようなことを言っていた。
それが倍音の正体らしい。

さて、1曲弾けるようになるのはいつの日やら。
道のりは長い。
posted by kuro2kun at 18:27| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

心情

「前のような生活に戻れるのだろうか?」とつい考えてしまう。
きっとみんなもそう思っているはずだ。

生活が、じわじわと変わってきている。
今まで通りとはいかない。
でも人間は強い。
数年たったら「あんな時もあったな」と言えるようになるだろう。

3密なライブが恋しくなってきた。
家で歌っていても、なんだかなあ・・。
ミュージシャンのライブ配信を見ても、違うだろうと思ってしまう。

ワクチンがみんなに行き渡るまでは3密なライブ無理だろう。
時間はかかりそうだがその時まで待つことにしよう。
新曲を暖めて!
posted by kuro2kun at 15:31| 宮城 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

ライブは当面中止だ

いつも4月から開催される「定禅寺チャリティストリートライブ」が当面の間中止することが決まった。
今月と来月に歌う予定だったが、やはりという感じだ。
ジャズフェスも心配だ。

世の中の動きとして、今イベントを開催するのはあり得ない。
仙台七夕も中止が決まった。
そういう流れだ。

今は嵐が過ぎるのを待つしかない。
いつになるかはわからないが、いずれはウィルスは終息するだろう。

ネットを見ていると、色んな情報が飛び交っている。
振り回されたくない。
新聞を読んで、TVのニュースを見て、ネットを見て情報を精査するしかない。

コロナのおかげで時間が出来たので、ふとピアノを弾いてみたくなった。
初心者だがピアノの前に座るのが楽しい。
時間を増やして行こう。
家の中だし、今は丁度いい。
posted by kuro2kun at 18:58| 宮城 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

まさかのまさか

世の中がこんな事態になるなんて、誰が思っていただろう?
まさかのまさかだ。

だんだんと不気味に忍び寄ってくる新型コロナウィルス・・・。

暫くイベントは無理だろうな。
下手すりゃ今年いっぱいは続くかもしれない。
仕方がない。

昨日、近所の三神峯公園を散歩したが、桜は5分咲きくらいだった。
小さい子供を連れた親子が目立った。みな元気そうに駆け回っていた。
しかし例年の酔客はいない。
健全ではあるが、なんだか例年の雰囲気ではない。

早くいつもの世の中に戻ってほしい。
posted by kuro2kun at 11:34| 宮城 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

12月か

あっという間に今年もあとひと月を残すだけとなった。

毎年思うことだが、月日が経つのは早い・・。
一日の長さなんて変わるはずもないのに、何でそう思うんだろう?
毎日の生活に追われているから?

うーん、ずーっと暇でないことは確かだな。
だとすると、暇になったら月日が経つのは長いと感じることになる。

果たしてそうか?
なってみないと分からない。

明日から仕事で奈良に行って来る。
相変わらずの山仕事。
天気が良いと助かる。
posted by kuro2kun at 11:45| 宮城 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

2019ジャズフェス

明日から29回目のジャズフェスが始まる。
僕の出番は明後日8日の14時から、場所はステージNo.33クリスロードだ。

ソロでエントリーして、今年で連続12回目となる。
はあ、そんなに出さしてもらったのか。

さて今年の出し物を考えているが、やはり「自分が歌いたい歌を歌う、やりたい曲をやる」がベストなあだろうなと思う。
とは言っても例年とさほど変わらないかもしれないが・・。

お時間のある方は、是非おいで下さい!
posted by kuro2kun at 18:01| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

変なの・・

今、日本と韓国はお互いにいがみ合っているが、お隣さんとは仲良くして欲しいものだ。
ただ、国同士で約束したことは、時の為政者が変わっても絶対に守るべきだと思う。

韓国は、日本製品の不買運動で盛り上がっているという報道をよく目にする。
だったら日本製の半導体3品目だってボイコットすべきだと思う。
日本の製品が欲しいのに、日本の製品をボイコット?
それとこれは別?
変なの・・。
posted by kuro2kun at 19:06| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

痛っ!

仕事先の神奈川の現場で、作業中に左手に激痛が走った。

痛い方の手を見ると、注意していたはずのアシナガバチが人刺指を刺している最中ではないか!
凄い激痛、いて〜っ!!軍手をとると指先はだんだん腫れてきた。やばい!ギターが弾けないのではないか?
常備している薬を塗ったが効くものではない。

2日目の夕方から次第に手の甲まで腫れてきて人差し指は半分くらいしか曲がらない。
今日4日目になったら、腫れも少しづつ引いて来た。指もだいぶ曲がるようになったが、まだギターを弾けるレベルではない。
土曜日にはライブがある。大丈夫だろうか?
演奏はしないが、明日はジャズのバンドミーティングがある。

幸いアナフィラキシーショックはなかったので良かったが、人によって重症化し死ぬこともある。
恐るべしアシナガバチ!スズメバチに刺された時より痛かったぞ!
posted by kuro2kun at 12:08| 宮城 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

令和

明日から元号が令和となる。

何ら生活が変わるわけでもないが、やはり一つの区切りなんだな。
振り返ると、平成は人生の中心だった。
いろいろあったなあ。

令和、ちょっと違和感はあるがすぐに慣れるだろう。

10連休は、日頃からやろうと思っていたことに重い腰を上げて手を付け始めた。

1.リビングのカーペットを新しいものに交換し、下に敷いていたホットカーペットを廃棄する。
2.先日テレビを43型にしたので、古いテレビ台を新しいものに交換する。
3.会社のホームページをスマホ対応に刷新する。

何とか明日で3までこぎつけそうだ。
連休は後6日あるな。
さて・・・。
posted by kuro2kun at 19:58| 宮城 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

音楽はいいなあ

4/20、4/21と2日続けてライブがあった。

20日は榴岡公園での花見ライブ。去年もここで歌った。
この日は天気も良く、のんびりとしたムードの中、若干の緊張感を持ってやれた。
6年前に亡くなった親友のお姉さん夫婦が聞きに来てくれた。嬉しかった。

演奏が終わってから花見を兼ねて公園内をうろうろしていたら、なんとお姉さんたちと3回も顔を合わせた。公園はかなり広いはずだが、何という偶然?苦笑いするしかなかった。
世間は狭いのか!?

翌21日はサービス付き高齢者向け住宅、いわゆるサ高住と呼ばれる施設で歌った。
お客さんは入居している人たちとその家族。
入居している方々は、80代、90代が多いというので懐メロや唱歌も用意していった。

会場が立派で音響も良く、みんな喜んで聞いてくれていたのが分った。
自分のオリジナルから始まり、真ん中に「花」、「バラが咲いた」、「幸せなら手をたたこう」、「青葉城恋歌」等を挟んで皆で大きな声で歌った。みなさんは音程も良く、少々驚いた。
慣れているなこれは笑。

自分の演奏曲にも古いカバーを入れた。
そして最後にアコギ1本で「平凡」を歌ったが、これまでの中で一番良く歌えた。自分でも感動してしまった。
会場のムードがそうさせたのか。

盛大なアンコールも頂いて、楽しい中でライブを終えることができた。
施設のオーナー、スタッフの人たちには感謝しかない(あっ、カミさんにもだ)。

長くやっていると、めげる時もあるが、音楽ってやっぱりいいなあと心から思った。

旅は続けるべ。
posted by kuro2kun at 18:34| 宮城 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

花冷えか?

数日前から、冬に逆戻りしたような天気が続いている。

今日は午後から雨が降り出したが、次第に雪に変わってきた。
まだ桜は咲いてないので、花冷えでもないが春の足踏み状態が続いている。
今年の冬は全然雪が降らなかったので、その反動だろうか?

明日で平成30年度が終わる。
4月からは新年度、平成31年度だ。でも1か月の命か。
どんな年号になるのかはあまり興味はないが、昭和生まれの自分は、年号は身近なものなんだなあと改めて気づく。

でも西暦の方が使いやすい。 
posted by kuro2kun at 17:55| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

When I'm Sixty Four

When I'm Sixty Fourはビートルズのポールの曲で、ほのぼのしていて昔から大好きな曲の一つだ。
そして今日、自分もその年になった。

若いころと気持ちはさほど変わらないのだが、振り返るとあっという間の64年だった。
これから何年自分の道が続くのかはわからないが、死ぬまで生きよう。

小田和正さんのドキュメントを今日BSで見たが、何ともかっこよかった。
71歳だとは思えない。
節制して鍛えているとは思うが、流石の大物だ。


posted by kuro2kun at 16:50| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

困ったお隣さん

韓国に関する最近のニュースを見聞きしていると、「日本とは仲良くしたくないんだ」と思ってしまう。
そんなに嫌いなら日本に来るなよ・・・。

韓国には美味しい食べ物があるのになあ〜。
お隣同士、うまくやれないものか。

だんだんと日本人の感情に火が付き始めている。
これから厄介なことにならないといいのだが。
posted by kuro2kun at 18:52| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

新年

新しい年が明けた。
平成31年か、4月までだなあ。
2019年の方がピンときそうだ。

昨日から今日になっただけだが、何か気持ちは違う。
長年続いた習慣からだろうか。

テレビをつけづ、朝食は普通のご飯を食べてから新聞を読んだが、静かな時間だった。
テレビってのは五月蠅いものだ。
たまにはこんな時もいい。

昼に雑煮とシンプルなおせちを食べた。
おお、正月気分だ。
酒は昼間は飲めない。

さて、今年はどんなことが待ち受けているのだろう。
平和で平穏な年であってほしい。
posted by kuro2kun at 14:14| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

雑記

あっという間に暮になった。

一日の長さ、一時間の長さ、一分の長さは全く変わらないのに、自分の感覚によって長かったり遅かったり感じる。
しかし歳を重ねるにつれ、長いという感覚よりは、短いという感覚が強い。
それだけ残り時間が減ってきているということなのだろう。
まあ、将来のことを考えてもしょうがない。気楽に前向きに生きるしかないな。

世の中は変わっていく。
今はやがて昔になる。

さて、おいしい酒でも飲んで歌でも歌うか。


posted by kuro2kun at 19:15| 宮城 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

自分にとっての音楽

今日、ポールマッカートニーの新作「EGYPT STATION」を買って、早速聞いた。
ボーナストラック2曲付で、合計18曲も入っている。

彼の音楽性というものがにじんでくる。
ポールという色、音がしっかりとある。
全体を通して元気、そうロックンロールを感じた。
70歳をとっくに越しているのに、ずっと音楽を追い求めている。

さて、自分にとっての音楽とはなんだろう?
ポールと比較するなんて荒唐無稽だが、ソロをやっていて最近つくづく思うことだ。

ライブではオリジナルをやっているわけだが、全曲とはいかない。
場所によっては、カバーが半分以上の時もある。

人にウケることと自分のやりたいことは、必ずしも一致しない。
ウケ狙いに重みを置き、みんなの知っている曲ばかりをするのは、本意ではない。

やはり、自分がやりたい曲をまずはやる。
それからTPOを考えたて曲を組みたてる。

あれ?今までと変わらないじゃないか笑。

いや違う。
やりたいという曲(音楽)の追及が最近足りないのだ。
それは別にオリジナルでもカバーでも構わない。
posted by kuro2kun at 19:20| 宮城 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする