2016年04月15日

熊本地震

昨夜TVを見ていたら、緊急地震速報が流れた。
ドキッ!として「どこでだ?」と思うと同時にテロップで九州地方で大きな揺れ、震度7と出た。
え〜九州?ただ無事でありますようにと祈るしかなかった。

今朝ニュースで、亡くなった方9名、けが人も1000人以上出たことを知った。
避難している人は4万人ほどと、大きな災害となってしまった。
余震もまだ多い。

今回は内陸の直下型だったので幸い津波はなかった。
しかし、場所が中央構造線末端部で起きた。
うわーっ・・・。

中央構造線は、地質時代に日本を形作った異なった要因でできた山地の境だ。
広い意味での断層、日本では最大の断層だ。
九州の中央構造線は不明瞭とされるが、はるか上空から見ると想定できるという。

付近には阿蘇山もある。
ここが過去に爆発した時に、火砕流が中国地方まで流れている。
考えられない規模だ。

人間のどうしようもない弱さを感じる。

家具の固定具を点検して、非常食、防災用品を確認した。
やってもその位のことしかできない。

外ではずっと暴風が吹き荒れている。
何だかなあ・・・。


posted by kuro2kun at 18:00| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

ニュースの先

若い頃はニュースならNHKと決めていた。
親がそうだったから、必然そうなったのだろう。

NHKのニュースは速報性にとても優れている。
地震があった時や、大きな出来事の時にはしつこいくらい報道する。
しかしニュースには奥深さは見いだせない。

NHKは中道だと思いたいが、受信料を取りながらもいかんせん国の予算で運営しているので、国の一部と考えるべきだろう。
その分を差し引かないといといけない。

やはりニュースの詳細は、新聞がいい。
ネットにもまともと思える情報はあるが、どうしても自分好みのを見る傾向にある。
新聞は、多岐に渡った読み切れないほどの情報が満載だ。
ページをめくる感覚も好きだ。

忙しい時は面倒だな思うのは事実だが、朝に新聞を開くのは楽しみでもある。
なぜかホッとする。

ネットがはびこり新聞不要論も出ているが、形はどうなっても続くと思いたい。
posted by kuro2kun at 19:50| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

寒い!!

夕方買い物に出たら、寒いのなんの!!
風も強かったので余計にそう感じた。
車の室外温度計は6°を示していた。
真冬並みだ。

必ずあるんだよなこういう日。

満開の桜も、日中の強風でかなり散ってしまっただろう・・・。
寒の戻りかあ。

でも天気がコロコロと変わるのは、春になった証拠だ。
木々の芽も出てきたし、笊川の土手の草もだんだんと青くなってきた。

でも、寒いのは苦手だ。
あったかいのが、好きだなあ。

posted by kuro2kun at 19:01| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

トランプ氏とディラン

アメリカ大統領予備選挙の指名争いのニュースが、連日メディアで論じられてている。

どうも日本では、トランプ氏が大統領になったら、これまでの日米関係が揺らぎかねないという懸念の論調が多い。

しかしそんなことを心配してもどうにもならない。
決めるのはアメリカ国民だ。
実際に彼が大統領になったときに、その対応を考えればいいと思う。

偉そうなことを言う気はさらさらないのだが、だれがなろうと静観するしかない。

ディランが随分前に歌っている。
時代は変わると。

そう、時代はいつも変わるものなんだよな。
posted by kuro2kun at 17:45| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

ジャズフェスにエントリー

早いもので、今年もジャズフェスにエントリーする季節となった。

ソロで演奏するのは今年で9回目だ。
まだ出演をはじかれたことはないが、その保障はない。

カバーをやるミュージシャンが多いジャズフェスだが、自分の場合は8割以上オリジナルだ。
皆の知っている曲で楽しむのもいいが、やはりメッセージを伝えたい。
新曲も2曲ほど増やすつもりだ。

ジャズフェスは9/10、9/11だ。

そう、今年はR&Kでもエントリーする予定だ。
相方が今年から出たいと言い出した。

以前は毎年出ていたのだが、ある時期から彼は「お金を出してまで出たいとは思わない」と言い出し、それ以来出ていなかった。

僕はお金のことなど考えたこともない。
大勢の場で演奏できる、毎年楽しみなイベントとしかとらえていない。

R&Kはじかれないだろうな・・・。
posted by kuro2kun at 17:41| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

終わった〜!!

今日締切の業務をさっき仕上げて、資料を宅ファイル便で送った。

なかなか細かくて面倒な仕事で、成果はミスに注意して何度も見直した。
しかしそれでもまた気になる箇所が見つかる。
それを繰り返したが、締切ギリギリに間に合った。
良かった。

さて、明日から新年度だ。
ワインでも飲むか。

乾杯!!
posted by kuro2kun at 19:23| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

物事の判断基準

自分の心には絶対に嘘はつけない。

この心の基準で物事の判断をすれば、大きな失敗はしない。
失敗するのは、この心を無視した時だ。

不思議だな。
培った良心?
社会性?

それとは少し違う気がする。
posted by kuro2kun at 20:10| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

NHKニュースの株と為替

昔からNHKニュースの最後には、「株と為替の値動きは円高が進み・・1ドル115円80銭、為替は・・・です。」と必ずアナウンスする。

全く株も為替もやらない僕は、何でこんなの毎回やるのだろう?と若い頃から思っていた。
しかし今思えば、資本主義社会なので当たり前か・・・。

息子が証券会社出身で、今は自分で株の売買をやっているのを見ると、出先のラジオでのNHKラジオから流れる「株と為替の動き・・・」は真剣に聞いている。
そういう人間が結構いるんだろうなあ。

自分の知らない世界が沢山ある。
やる気は全くないが。
posted by kuro2kun at 19:37| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

原発再稼働

この頃良く聞く言葉だ。
僕としては、あまり嬉しくない。

福島第一原発事故を身近に感じる宮城県人としては、電力は早いうちに自然エネルギーによる発電に移行して欲しいと強く思う。

しかし現実として、原発を廃炉にすると、電力会社は原発は資産計上ではなく、負債になるという。またその電力会社の株を保険会社や銀行などの大手企業が有しているので、その株の価値が下がれば不況になる恐れがあるという。また廃炉には莫大な費用がかかるし、原発関連で食べている人の雇用問題もある。

一筋縄ではいかない問題だ。
だったらこうしようという対案が必要だ。

ふむ、重いな。
でも、貧乏になってもいいから、安心な社会がいいなあ。

冷温停止にしたとしても、ウランなどの核燃料は依然原発内に存在しているわけで、テロ、自然災害も今後大いにあり得ることを考えると「何という現実だろう・・・」と思わざるを得ない。

これが世界各国でもあまり変わらないという事実。
とても安全とは言えない。

気がづいたとき、あれ?ここはどこ?天国!?
なんてことにならないといいのだが。

みんなして薄氷の上に住んでいる・・・。
posted by kuro2kun at 19:56| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

誕生日の朝に思う

一つ前のブログに「今60歳だが・・・」と書いたが、「もうすぐ61歳・・・」と書くべきだった。

そう、この気持ちのいい穏やかな朝、61歳になった。

なんだか年齢の話をしてもあまり嬉しくもないが、とりあえず無事ここまでこれた。
周りには感謝しないといけない。

さて、また1年無事に過ごせますようにと、神様に祈ろうか。
そんなこと頼んでみても無理だろう。
「良くも悪くもするのも、すべて自分自身やで〜」という声が心のうちから聞こえてくる。

兄貴から誕生日祝いにと、少し高級な芋焼酎をらったのがあるので、今夜はこれで一杯やるか。

posted by kuro2kun at 09:17| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする